あらしのよるに

  • 2012.06.20 Wednesday
  • 02:00
下の写真をあらためて眺めてみると

伝説の夫婦漫才師を主人公にした
大河人情サスペンスドラマの
収録現場にお邪魔しました。

って、感じがしないでもないですよね。

てことは、大阪でライブやるなら
すべての芸人は花月を目指すんでしょうか。

いや、俺たち芸人じゃないんだけど。

ん。待て待て。

広いカテゴリーで言葉使うなら
芸人ですよね、もちろん。

そういえば、最近撮影中に
オートバイにはねられて亡くなった
アンゲロプロス監督の代表作で
旅芸人の記録という、とても有名な作品がありますが。

長い映画といえば、ヨーロッパの解放とこれという。

あの中の芸人一座にたしか
アコーディオン奏者がいたなあ。
なんせ長い映画だし、うろおぼえですが。

まあ、ヴォードヴィルの一座なんかには
音楽担当というのは付き物なんだろうなとは思いますけどね。

どっちにしろ、お客様の前に出て
なにかをお見せするという点においては 
心構えって同じですよ、きっと。
お笑いの芸人の方と
深くお話したことはありませんが。

一度お話する機会のあった方は
AVの話ばっかしてたし。

では、俺たちも
目指せなんば花月ってことで。



なんかどこかで
間違ってしまってるような気がする。

コメント
Propithecusは音曲漫才トリオなのですね(違)

でも、NGK(なんばグランド花月)の向かいには
吉本の系列小屋のNMB48専用劇場もあるので、
そっちの方が機材的にはライブ向きかも(違い過ぎ)

達也さん推しメンで頑張ります(^o^)丿
(さらに間違ってしまっているような気が)

あ、でもPropithecusは電源フリーな感じなので、
NGKでも大丈夫かな(いや、そういう問題じゃ)

なんば花月でお待ちしています♪じゃなくて、
大阪でのライブ期待していますね♪

追:水永達也生誕記念LIVEやって欲しかったけど、
やっぱなさそうですね。残念〜(;_:)
  • Y@Mars
  • 2012/06/23 2:25 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM